HOME>トピックス>生徒の意思を尊重してマイペースで学べます

目次

多角的アドバイス

大阪は全国に比べても、不登校の児童や生徒の数が多いと言われています。児童や生徒の心理はナーバスですし、上から押し付けることをしても逆効果です。彼ら一人一人の性格に合わせた指導をすることが大切ですし、そうすることできっと心を開いてくれます。官民の連携も必要不可欠で、場合によっては心療内科やカウンセラーに頼ることも考えてみて下さい。心を解き放ってあげることで、少しずつ前に進む気力が沸き上がって来ます。進路に対しても、近年は通信教育が充実しています。自宅に居ながら学ぶことが出来ますし、勉強の遅れを最小限に抑えることが出来ます。不登校をコンプレックスに感じずに済みます。

学校のサポート体制

近年、学校に心理カウンセラーを配置するケースが増えています。大阪は先進的な取り組みを多く行っていますし、学校と行政の連携が密に交わされています。児童や生徒の心をケアしてくれて、不登校の子どもが悩みを打ち明け易い環境です。

無理をせずに復学を目指す

不登校に至るには、色々な経緯があると言われています。虐めや家庭の事情によって、やむ無く不登校を余儀なくされることがあります。大阪は不登校児のケアに手厚いですし、医療機関と連携してサポートをしてくれます。

広告募集中